So-net無料ブログ作成

秋元康氏の年収が100億円に限りなく近いと計算されています [芸能]


AKB48を始めとする姉妹グループ及びそれらのメンバーが所属する
ユニットの総合プロデューサーである秋元康氏の年収が
CDの売上などから100億円に限りなく近いと計算されています

秋元康 年収

国税庁の発表した2012年度分の所得申告によれば年収100億円超えは
16名。たった16名と言えど年収100億円超えが16人ですよ

桁違い過ぎて普段の生活の想像ができませんね

「文筆・作曲・芸術家」の部門では人数が1人だけということで
業界は秋元康氏と見て間違いないと読まれれています






2012年はAKBの販売したシングルCD
GIVE ME FIVE!
真夏のSounds good!
ギンガムチェック
UZA
12月 永遠プレッシャー
は全てミリオンセラーとなり、他のユニットなどの総合でみると
CDシングル市場の3割を占めていたということ

普通アーティストがミリオンセラーを出すと
大ヒットと大騒ぎになりますがAKBグループは何を出しても大ヒット

AKB48だけで708万枚、SKE48は181万枚、NMB48は158万枚
渡辺麻友さんに限ってはソロで38万枚売り上げています

とんでもない数字ですよね。印税だけで数十億円入ります
若い世代の人は知らないかも知れませんが、昔に虎舞竜という
グループで「ロード」という大ヒット曲がありました

歌っているのは高橋ジョージさん

女優の三船美佳さんの旦那さんですがテレビにちょくちょく
出ているのでご存知の方もいるかもしれません

その高橋ジョージさんが今でもロードのカラオケ利権だけでも
大きな金額が振り込まれるとテレビで漏らしていたので
その事を思うとAKBグループはカラオケ利権だけでもいったい
どれくらいの収入があるのか想像がつきませんね





更に2012年はAKBがパチンコ台を発表して、どのパチンコ屋に行っても
台が並んでいました

25万台以上売れたそうですが、業界で25万台と言えば異例の大ヒットらしいです

パチンコが好きな人はパチンコ雑誌などで古くなった機種が販売されているのを
見かけたことがあると思います

古い台で個人販売でも数万円とか不人気機種でも数千円はします
新品の新台であれば業界水準で30万〜40万円程度で見積もっても
900億円の売上

権利が10%だと90億円、5%でも45億円入ります

CD印税、パチンコ印税だけでも100億円近いと計算されていますが
他のAKB関連のビジネスでも相当大きなお金が動いていると考えれば
本当に途方も無い報酬が秋元康氏に入っていると想像できますね


お金の話だけを聞けば羨ましい限りですが一般人からは
想像もできない忙しさでお金を使う暇もないとも言われています

2013年は誰もが知る大ヒット曲「恋するフォーチュンクッキー」も
ありますし、今年の申告も秋元康さんの巨額申請が
話題と鳴ること間違い無しですね






ガリガリガリクソン R-1 審査員にキレる ツイート [芸能]

ガリガリガリクソン 審査員にキレる

ピン芸人のガリガリガリクソンさんがR-1ぐらんぷり終了後に
審査員の審査に納得出来ず

「あのウケで何で落ちんねん!R-1なんか2度と出るかヴォケ!!!あのデブの審査員!!!」

「ウケが1番ちゃうんか! お客さんの満足度が1番ちゃうんか! 審査員のためにやってるんちゃうわ! 審査員なんて金払わんとただでみくさりやがって。目ついたろか」


「なんやねん、お笑いってライブちゃうんか!!! こっちはその一瞬に命をかけとるんや!!! 君には努力のあとが見えません。当たり前や!!! ピエロがジャグリングのマメみせてどうするんじゃタコス!」

と批判的なツイートを連発して騒がれています






ガリガリガリクソンさんは誰が見てもネタがウケていて
本人も手応えを感じていたにも関わらず準決勝にさえ
コマを勧めることができませんでした


同じ舞台に立った"りあるキッズ"さんもガリガリガリクソンさんが落とされたことに

「あれだけウケても落ちるの?」と苦言を呈しています


確かにお笑いのグランプリは明確な基準が無くて、実質
審査員の心象次第で結果が大きく変わります


若手芸人にとっては優勝賞金より今後の芸人人生に関わる
大きな勝負どころなので、ウケた事は明白なのに審査員の心象で
落とされたとあればキレるのも無理はありません


「R-1ぐらんぷり」には視聴者の投票システムを採用していますが
この視聴者の評価と審査員の評価が咬み合っていないのも問題ですね

スギちゃんは視聴者ポイントが高かったものの落選
レイザーラモンRGは視聴者ポイントは低かったものの決勝へ進出

この両者の違いは当然審査員の評価の良し悪しのみ

大多数の一般視聴者の意見より数人の審査員のポイントが重視される
ことが問題だと思いますね

それなら審査員のためだけの番組を作ればいいのでは?

皆さん審査員の評価を見るためにR-1ぐらんぷりを見ているわけではありませんのでね






・笑いたいからお笑い番組を見る

・面白い芸人のおかげで笑える

・面白いから評価される

・人気が出るから番組に多く出る

・より多くの人が笑う


これでいいじゃないですか

審査員の心象のせいで面白い芸人がメディアに露出する機会が減ると

業界の衰退に進むのではと思いますね


ガリガリガリクソンさんが面白かった事は放送を見た人は

皆分かっていることなので、本人は気を落とさずに

これからも面白いネタを考えてほしいものです





優木まおみ「子供ができたら女として終わる」→大炎上 [芸能]






以前はグラビアで大活躍していた優木まおみさんですが

「20代は仕事一筋で、子供が欲しいなんて思ったこともなくて。

怖かったんですよね、子供ができたら仕事がなくなるかも、

私の存在意義が子供だけになるかも、女として終わってしまうかもって」

と発言した事が切っ掛けで現在大炎上しています。


優木まおみ 炎上


独身時代は体一つでグラビアアイドルの中でも雑誌だけでなく

バラエティ番組などにも顔をだす有名タレントでしたが

昨年3歳年上の美容師さんと結婚してからというもの

結婚、男性、子供についての発言でどうも不発続きです


問題になった発言が、雑誌『mamagirl』

(名前の通りママだけどガールらしさがコンセプトの雑誌)

と言うことが更に注目を浴びた切っ掛けになった要因でしょうか


優木まおみ 問題発言


子供についての発言はかなりデリケートな問題ですからね

有名なのは倖田來未さんの「羊水が腐る」発言


本来女性同士がカフェや居酒屋で話している時は何でもない話で

終わることでも発言の場がテレビや雑誌などになると話は別







妊娠、出産は人の命も関わり、また悩んでいる人も多くデリケートな問題なので

おのろけ以外での発言は控えるべきでしょうね

悩んでいる人はもちろんクレーマーも待ってましたと言わんばかりに

言いがかりをつけ始めます


優木まおみさんは以前も「浮気されるのは自分の魅力が足りないから」

と言う発言でバッシングを受け、オフィシャルブログのコメントも

会員制に規制したばかり


グラビアアイドルからママタレントへの切り替えがうまく

いかないようですね


優木まおみさんをよく見かけるテレビ番組は、"子供に見せたくない

テレビ番組"アンケートでは常時上位にいるロンドンハーツ


イメージ的にもママタレントとして成功するのはかなり困難を

極めるのではないでしょうか


タレントとして生き残るにはママタレントとしてではなく

炎上タレントとしての方が近道な気がしますね

ファンの方は何とかイメージを回復して活躍する事を祈りましょう





T-BOLANが活動停止を発表。再結成からわずか2年 セットリストは? [芸能]

【スポンサードリンク】





2012年再結成したT-BOLANが3月8日に大阪・オリックス劇場で

開催した『T-BOLAN LIVE HEAVEN 2014』でライブで活動休止を発表


活動休止を発表した時ライブ会場にいた2400名は悲鳴とも言える声を

あげていたようです


30代後半から40代の人にとっては青春時代を思い出す名曲の多い

バンドですので活動休止となると寂しい思いをする人が多いようで

Twitterでもかなり騒がれていますね

前回のT-BOLAN活動休止の原因となった森友嵐士さんの

心因性発声障害についてはテレビでもドキュメンタリーを放送

していたのでT-BOLANをご存知の若い世代の人も多い事だと思います

T-BOLAN 解散


活動休止発表時の台詞が

「T-BOLANとして、ステージに立つのはきょうと渋公(渋谷公会堂)で、

ひとつマル(ピリオド)をつけます」と活動休止を宣言

「またここからは、さらなる俺たちの挑戦としてそれぞれが

新しい道を進んでいきます。この4人で色んなことを話し合って

『挑戦』という道を選びました。だからと言って解散ではありません。

T-BOLANは永遠です。これからの挑戦を応援してくれ!」

48歳でこんな台詞を言えるカッコいい大人っていいですね

個人での活動になってもたまにはテレビで名曲

「悲しみが痛いよ」

「離したくはない」

「Bye Foe Now」

などを聞かせて欲しい物です

【スポンサードリンク】






『T-BOLAN LIVE HEAVEN 2014』2014年3月8日 大阪・オリックス劇場 セットリスト



2014年2月23日に開催されたドキュメンタリー映画

『T-BOLAN THE MOVIE~あの頃、みんなT-BOLANを聴いていた~』

で完成披露試写会に出席した際、森友嵐士さんは

「がっつり色濃いところをやる。1990年代だったらありえない、

すごいセットリストになると思う。」と大阪でのライブについて語り、

ファンには忘れる事のできない素晴らしいライブだったようです


4月26日に渋谷公会堂で行われるライブがT-BOLANを見る事ができる

最後のチャンスです

気になる人はライブチケットをチェックしてみてはいかがでしょうか

【スポンサードリンク】





この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。